スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ママ、ただいまぁ~

本当に突然の事でしたが、真写丸は私の腕の中で旅立ちました。

20110910-1-IMG_0987.jpg

数日前から、少し体を傾けるように座っていました。
筋肉量が減っているせいかな?と。。。
その日の朝はペレットは残していましたが、普段とほとんど変わらずでした。

その日、病院から帰ってから真写丸はボォ~とした感じでした。
お野菜も少し食べただけでした。
その前に強制給餌で少し食べたので、通院の疲れかな?と思って様子を見ていました。
強制給餌といっても、前日までは自分からシリンジに食いついてきたのですが、
その日は食いついてきませんでした。
見ると、お口からお野菜がちょっと出ていたので、ひっぱるとお野菜が出てきました。
噛まなかったの?ネムネムなのかなぁ~?お薬でボォ~っとしているのかな?とその時は思いました。
お野菜をお口から出してあげると、木のトンネルに頭を突っこむ形で座り込みました。
拗ねたり、ネムネムだったりすると、よくするポーズなのでそのままそっとしておきました。

しばらくするとドンと音がするので、見るとゲージの中で座っていました。
また、しばらくするとドンと音がするので、見るとゲージの外で座っていました。
その時は、近くまでは見に行かなかったのです。
(お隣が夜から朝がたにかけて、かなり賑やかなので、ドンという音に鈍感になっていたのかもしれません。)


私が寝る時には、木のトンネルの中にいたので、そのままそっとしておきました。
そして、朝方ドンと聞こえたような気がしたんですが・・・ するともう1回、今度は大きな音が
したのであわてて起きて見ると、真写丸がキューブハウスの中でひっくり返っていました。
起き上がれずにもがいていました。。ほんのわずかの血がありました。
すぐに抱き上げて、しばらくはぐったりしていました。
その後、何度かひきつけを起こし、最後に大きく体を伸ばすようにしながら手足をばたつかせ、
大きな声で鳴いて、お顔が私の腕に倒れました。

私には何が起こったのか?
きっと、かなり体力的に消耗していたし、通院のストレスもあったろうし、心臓も弱っていたんでしょうね。
そんなところに、通院・・・筋肉注射、浣腸、点滴、痛み止め。。
これまでは受入れられたものが、この日の真写丸の体には耐えきれないものだったのでしょう。
人間と同様、こういう事には、必ずリスクが伴うということでしょうか。。。
これはあくまでも私の勝手な考えです。
私自身、先生を信頼してお任せしていました。
しかし、ちょっとした変化を飼い主である私が見逃したことは否めません。
きちんと真写丸の状態を把握できずに、真写丸を失うことになってしまいました。


今さら何を言っても遅いのですが、それでも真写丸の穏やかな顔を見ていると、
これ以上、自分もその状況も責めないようにしないといけないと思ってます。
悲しみはどこにぶつけたって、減るもんじゃない・・・それ以上に、悲しみ・苦しみを増幅させてしまうから。。
命っていうのは、こういうものなのだから。。だから、覚悟が必要なんだと思います。

20110910-2-IMG_1013.jpg

それよりは、真写丸をきちんと送ってあげたいという気持ちが強かったです。
何も準備をしていなかったので、動物霊園を数か所回って、実際に見て決めました。

本日10時から火葬をしました。
「お別れじゃないよ!いってらっしゃい!」と声をかけました。

火葬後、真写丸の頭と顔の骨がほとんど崩れることなく、形が残っていたんです。
のど仏もきれいに形が残ってました。
その時に、 「ママ、ただいまぁ~」って聞こえたんです。
亡くなってからは心臓がバクバクしていて、身を置く場所がなかったような感じが続いていましたが、
その時に、すっと私の中に入ってきたような気がしました。
そして家に連れて帰り、少し落ち着きました。

20110910-4-IMG_1035.jpg

あまりにも突然の事だったので、今はまだ痛みを感じることができません。
心と体が別々になっているみたいな何とも変な状態です。
そのくせ、変に冷静だったりするところもあるんです。
そう、この感じは母を亡くした直後にもありましたね。
たぶん、しばらくはこんな感じで過ごすことになるでしょう。
そして、その後に痛みを伴う悲しみや喪失感が容赦なく襲ってくるでしょう。
しかし、必ず時が解決するものです。
容易いことではないです。相当厳しく辛い時間が続くことでしょう。
でも、愛し、愛された記憶がこれからの私をずっと支えてくれるのです。

20110910-5-IMG_1047.jpg
真写丸カプセルなの♪

このカプセルの中に真写丸がいます。


今の思いをそのまま書いてしまいました。
もう少し落ち着けば、また違う考えも出てくると思いますが、今はこんな気持ちです。

ぷーモ子 母さん・姉さん、すぐに駆けつけてくれて、いっぱいナデナデしてくれて
ありがとうなの♪
ぷーモ子 母さん、今日はママと一緒に骨をひろってくださり、本当にありがとうございました。
ママはどんなに心強かったことか。。

皆さん、本当にありがとうございました。


          真写丸&masyamam


追伸:お別れではありません。ちょっとお出かけしてきます。

2011年09月10日 | 日記 | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

真写丸くんおかえり
いいお顔していますね
ずーっと大好きだよ

2011年09月10日 / がじゅう #YoKmHhkYURL編集

おかえりなさい
これからもママさんと一緒だね
もう 痛い思いはしないから
いっぱい甘えようね
ほんと言いお顔ですね

2011年09月10日 / みったんママ #jPVj35koURL編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年09月10日 / #【編集

真写丸くん、お帰り!
でも・・・早すぎる旅立ちに涙が止まりません。
masyamamさん、ごめんなさいね。
笑顔で見送らなくちゃね。

2011年09月10日 / のゆき #-URL編集

そうだね。
ちょっとお出かけしただけだよね。
またママのところへ戻って来るんだよ。
お願いね。

ぶーモ子さんがご一緒してくれたのですね。
そばに誰か居てくれるのは安心しました。

何か困ったことがあったり、誰かに話したい事が
あったら、私にメールください。
メールアドレス入れておきます。

2011年09月10日 / いおりんママ #-URL編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年09月11日 / #【編集

真写丸君 お帰り そして行ってらっしゃい
また 元気になってmasyamamさんのところに戻っておいでね

私は小梅(享年1歳10カ月)の時に体験していますが ちょっとした変化はなかなか見つけてあげられないものです
それは もう仕方がないってことだと思います
だから 絶対に自分を責めてはいけないですよ

masyamamさんも元気になったら戻ってきてね

2011年09月11日 / ごえもん #-URL編集

真写丸君
お帰り~
きれいなお顔です
いっぱい頑張ったからね
すこしゆっくりしてね。

昨年まーずを失ったとき やはりチョットした変化がわからず辛い思いをさせてしまいました
申し訳ない気持ちとあまりにもあっけなく逝ってしまった驚きでしばらくは涙 涙でした
masyamamさんも現実を受け入れるには時間がかかるかもしれませんがいつでも真写丸くんはそばにいますよ。
必ず見守っていてくれます。

2011年09月11日 / まーず #-URL編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年09月11日 / #【編集

ごえもんさんのブログより時々お邪魔していました。
6月に亡くしたハムスターのことを思い出してしまいました

真写丸くん
いままで頑張ったね
そして、ちょっと疲れて、旅行に行って…
ままのところに帰ってきたのね…
もう痛いことも苦しいこともないから、ままのもとで元気に遊んでね
お月様に行ったら、ままが泣かないように見守っててね…

masyamamさん
お疲れ様でした
ご冥福をお祈りいたします

2011年09月12日 / えっつん #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。